东洋占星术とは

広告

占星術は天体の相対的な位置と相対的な運動(特に太陽系内の惑星の位置)で、運命や行動を説明したり予言したりするシステムです。世界中に様々な文化には占星術の理論が異なっています。東洋占星術は西洋占星術の影響を受けながらも、西洋占星術にはない、時間に関して独特のとらえ方や表現方法があり、テーマである「星」についての概念も、西洋のものとはだいぶ違っています。

広告

中国の占星術では使用されている星によって、七宝や二十八宿を用いた実星派や、紫微斗数のような虚星派を用いた虚星派に分類されています。

紫微斗数のような虚星派は115の星の異なる意味を用いて、易経の八卦、陰陽五行などの理論を組み合わせて、人生の運命の変化に導く中国伝統的な占い方法です。紫微斗数は恒星の性質で人間の思想を構造して、「主命」と言って、人間の運を構造したのは十二長生のためで、「主運」といいます。紫微斗数推命術は天文、地理、風水、陰陽五行を含み、また社会環境、人間関係を重視する近代的な意味を持って、中国の神秘予測文化の中で特に優れたので、五大神術のトップにランクインして、「中華第一神術」と呼ばれています。人間の運命を抽象的な把握ではなく、凶吉、貴賤を具体的に説明することができます。人が生まれた年、月、日、時に十二宮の位置を決めて命盤を構成し、各宮の星群の組み合わせを結合して、周易易経天文地理風水を牽引して、一人の運勢の流れ、吉凶禍福を予測します。紫微斗数は命盤十二宮を通じて、一人の一生の複雑な社会関係と個人的な遭遇を全面的に予測します。十四星は「紫微星」、「贪狼星」、「巨门星」、「廉贞星」、「武曲星」、「破军星」、「七杀星」、「天相星」、「天同星」、「天机星」、「天梁星」、「天府星」、「太阳星」、「太阴星」。命宫は「父母宫」、「福德宫」、「田宅宫」、「事业宫」、「部属宫」、「迁移宫」、「疾厄宫」、「财帛宫」、「夫妻宫」、「子女宫」、「兄弟宫」。

古代に中国では天人感応思想の影響で、占星が重視されていたので、中国の占星学は古代から存在しています。中国古代天文学者は,日,月および金,木,水,火,土の5つの惑星の運行を観測するために28個の星区を区分し,日,月および五惑星の運行位置を表します。この28個の星宿では4つのグループに分けることができて、4つの異なる動物像を構成していて、竜、亀蛇巻き、虎、鳥と合わせて四象と呼ばれています。各方位には七宿があって、ちょうど日月火水木金土の7つの観測対象と一致しています。表から、自分の旧暦の誕生日から自分の対応する星を見つけて占いをすることができます。

占いの知識 全て見る >