タロット占いの方法

広告

タロット占いとは、タロットを使って占いを行うということです。愛情、人間関係、仕事、学業などについて予測し、アドバイスすることができます。占われた人の心のエネルギーをつかみ、メッセージを感じることで、心の世界と外の物質の世界をつないでいくのです。では、占い方法をご紹介します。

広告

まず、基本的な占い環境を準備します。清潔なテーブルを選んで、タロットの儀式布を敷きます。一般的に、タロット占いの種類によって、違う色の儀式布が使われます。

そして、22枚の大アルカナは物事の推移と方向を予測できて、56枚の小アルカナは物事発展の細かいことを代表します。大アルカナと小アルカナでどっちでも占えますが、混ぜて78枚を使ってタロット占いを行うことができます。

そして、タロットカードは下を向いて、聞きたいことや質問を決めます。質問はいろいろ設定できるので、幅広いジャンルのことを占うことができます。特に、悪いことや時間に関する問題はダメです。

タロットカードをシャッフルして、まず3つのタロットカードの山を裏向きで目の前において、そのカードを両手で崩して時計回り回すようにカード全体を混ぜてください。混ぜたら、タロットカードをまた1つの山に戻しましょう。

そして、正位置と逆位置によって占いの答えが違いますので、横向きに置いたカードのどちらを上にするのか決めてから、3回カードをカットします。

最後に、カードをスプレッドしてタロットカードが表すことを読み解きます。

占いの知識 全て見る >